自動車ニュース 8月26日


クルマ,車
◆フェラーリ、「458 イタリア」のオープンモデル「458 スパイダー」公開
アルミ製のリトラクタブル・ハードトップを採用

伊Ferrariは8月23日(現地時間)、ミッドシップスポーツカー「458 イタ
リア」のオープンモデル「458 スパイダー」を、第64回フランクフルトモー
ターショー(プレスデー:9月13日〜14日、一般公開:9月15日〜25日)で世
界初公開すると発表した。

Ferrari社が特許を取得した収納式ハードトップを採用。エンジンをミッド
シップに積むスポーツカーでは世界初。従来のソフトトップを採用するシス
テムより、25kg軽いという。アクセルペダルの踏み込み量とスロットル開度
の関係やダンパの減衰力などを、屋根を開けたときの走り方に合わて設計し
直した。電動可変式の整流板が室内の空気の流れを穏やかにし、屋根を開け
たまま200km/h以上で走っても、通常通りに会話ができる。

全長4527×全幅1937×全高1211mm、ホイールベース2650mm、鍛造ホイール
とレース用シートを装着した時の乾燥質量は1430kg。最高出力419kW(570PS)
/9000rpm、最大トルク540N・m/6000rpmのV8エンジンに、アイドリングス
トップなど各装置のパッケージであるHELE(High Emotion Low Emission)
システムを装備した場合の燃料消費量は8.47km/L。最高速度は320km/h。
変速機は7速DCT(Dual Clutch Transmission)。

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110824/197010
http://www.ferrari.com/Japanese/Pages/Home.aspx
http://www.458spider.com/english/#/home


◆レクサス、「IS F」の足まわりを改良
インテリア&エクステリアカラーに新色を追加

レクサス(トヨタ自動車)は8月24日、プレミアムスポーツモデル「IS F」
の一部改良を行い発売した。価格は795万円。

『F』の名を付与するLEXUSブランドのプレミアムスポーツとして、「運転す
る楽しさ」をさらに追求、卓越した操縦性・走行安定性を発揮する新ショッ
クアブソーバーを採用した上、コイルスプリングやバウンドストッパーなど
サスペンションのチューニングを最適にする事により、乗り心地と走行性能
を向上。ドライバーの意のままに応える高い応答性を実現した。また、新意
匠の19インチ鍛造アルミホイール(BBS製7本スポーク)をオプションに追加。

内装色には、レッド&ブラックを追加設定するとともに、外板色においては、
新たにマーキュリーグレーマイカを採用した。

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=289476


◆独アウディ、「A8 ハイブリッド」発表
直列4気筒2リッター TFSIエンジンとモーターを搭載

独アウディは8月24日(現地時間)、フラッグシップサルーン「A8」のハ
イブリッド版「A8 ハイブリッド」を公開するとともに、2012年に生産を開
始すると発表した。

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20110824_472505.html
http://www.audi.co.jp/


◆フォルクスワーゲン、スポーティさを強調する特別仕様車「シロッコ R-Line」
シロッコ TSIの装備もアップグレード

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは8月24日、「シロッコ TSI」を
ベースとした特別仕様車「シロッコ R-Line」を発売した。価格は379万円。

1400cc TSI エンジン搭載グレード「シロッコTSI」をベースに、R-LINE専用
フロント&リヤバンパー、サイドスカート、新デザインの18インチアルミホ
イール、R-LINEロゴをあしらったファブリックシートなど数々のR-LINE専用
内外装を装備した。

あわせてエントリーグレードの「シロッコTSI」に、スポーティな操作が楽
しめるパドルシフトやリヤパークディスタンスコントロールおよび、RCD310
オーディオを採用。また、「アダプティブシャシーコントロール『DCC』
パッケージ」および、「レザーシート、パノラマガラスルーフパッケージ」
をオプション設定した。価格は「シロッコTSI」が従来型比2万円の350万円、
「シロッコR-LINE」は379万円。

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=289377


◆ベントレー、新型「コンチネンタル GTC」をフランクフルトショーで初公開
日本での販売価格は2640万円

英ベントレー・モーターズは8月24日(現地時間)、コンチネンタル GTの
オープンモデル新型「コンチネンタル GTC」を、第64回フランクフルトモー
ターショー(プレスデー:9月13日〜14日、一般公開:9月15日〜25日)でワー
ルドプレミアすると発表した。フランクフルトショーで公開された後に各市
場へ投入される予定で、日本での販売予価は2640万円。

GTCのために開発された遮音性に優れた多層ファブリックルーフに加え、
防音ガラスとボディ下の吸音パネルを採用。気温を問わずルーフを開けて
快適なドライブを楽しめるように、BENTLEYが初めてデザインしたネック
ウォーマーがオプションとして選択できる。

これまで以上の素早いギアチェンジを可能にした新しいクイックシフト
トランスミッション、および一層パワフルになった6000ccのツインターボ
チャージドW12エンジンと共に供給され、出力は560PSから575PS(423KW)に
増大し、名高いBENTLEYの「トルクウェーブ」は50NM高まり、700NMに。
受注を開始し、納車は今年後半から始まる予定。

http://www.bentleymotors.jp/
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=289358


◆メルセデス・ベンツ日本、「Cクラス」のクーペ「C63 AMGクーペ」を導入
1085万円。「C 63 AMG」の改良でセダンが1075万円、ワゴンが1095万円。

「Cクラス」のクーペの第1弾として6200ccの V8 エンジンを搭載した「C63
AMGクーペ」を発売した。欧州では、1800cc〜3500ccのクーペモデルを用意
しており、今後AMG以外のモデルも導入する見込みだ。

最高出力336kW、最大トルク600N・m。専用オプション「パフォーマンスパッ
ケージ」(価格は125万円)を装着した場合、鍛造のピストン、コンロッド、
軽量なクランクシャフトとなり、最高出力は358kWに高められる。この場合、
リミッターによる最高速度も250km/hから280km/hに引き上げられる。

セダン、ワゴンも部分改良により、新しい内外装、変速機「AMGスピードシ
フトMCT」を採用。

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110825/197310
http://www.mercedes-benz.co.jp/news/release/2011/20110825_1.pdf
http://special.mercedes-benz.co.jp/amg/c63/


◆ビーエムダブリュー、「MINI」のMT車専用オプションパック「MINI ROCK」

ビー・エム・ダブリューは、「MINI」ハッチバックのMT車専用オプション
パッケージ「MINI ROCK」を8月25日に発売した。

MINIのスポーティーでスタイリッシュなデザインを強調するこのオプション・
パッケージには「ユニオン・ジャック」をモチーフにした「MINI ROCKステ
ッカー」ボディー・カラーに合わせたバイ・カラーのクロス・レザーシート、
スポーティーなアンスラサイトの内装などが含まれており、MINIの個性を一
層引き立てる仕様内容。
さらに、これらの魅力的な装備をMINI ONEの場合は約28万円分も装備してい
ながら、15万円、MINI COOPERの場合は約26万円分を装備していながら、13
万7000円、MINI COOPER Sの場合は21万円相当を装備していながら11万5000
円と、顧客メリットの高い価格設定としている。

http://www.mini.jp/news_events/press_release/20110825_mini_rock/index.html
http://www.mini.jp/


◆光岡、EV「雷駆」を2グレード構成にマイナーチェンジ
航続距離を拡大した「G」と、価格低減を目指した「M」

光岡自動車は、電気自動車(EV)「雷駆(ライク)」を、1充電あたりの
走行可能距離を拡大した「G」と、価格低減を目指した「M」の2グレード
構成にマイナーチェンジして8月26日に発売する。価格はMが290万円、
Gが410万円。

ベース車両となる「三菱i-MiEV(アイ・ミーブ)」の仕様変更に対応した。
『雷駆』は、メッキ加工を施したオリジナルデザインの前後バンパーに変
更して小型乗用登録とし、リヤシートとリヤのドアトリムをオリジナル製
品に変更しシート幅を拡大する事で乗車定員5名を確保している。

http://www.mitsuoka-motor.com/news/2011/0215_20110825.pdf
http://www.mitsuoka-motor.com/lineup/like/


◆クライスラー日本、50台限定の「ジープ・ラングラー」
専用色「サハラタン」にアルミホイールなど装備

クライスラー日本は、「ジープ・ラングラー」の特別仕様車「アンリミテッ
ドトレイル エディション」を50台限定で9月3日に発売する。価格は400万
円。ステアリング位置は右のみ。

アメリカ南西部のカリフォルニア州、ユタ州、ネバダ州にまたがる広大なモ
ハベ砂漠を走り抜けるジープをテーマに開発された。砂漠に足跡を残すリザー
ドをモチーフにしたボンネットデカールやレザーシートへのアクセント、専
用のボディーカラーなどが、過酷なオフロードトレイルを走破するラングラー
の勇姿を演出している。

ボンネットとリアガラス左側の2ヶ所にリザードのアクセントがあしらわれ
ている。 ブラックフューエルフィラーカバーやミネラルグレーのアクセン
ト入り17インチアルミホイールもトレイルエディションの逞しい外観を強調
している。

インテリアでは、ブラック/ダークサドルの専用内装色にレザーシートを採
用。フロントシートにはリザードのアクセントが配される一方、落ち着いた
茶形のドリフトウッドカラーのアクセントやライトベージュステッチ入り革
巻きステアリングホイールやドアアームレストは、限定車ならではの特別感
のみならず高級感も醸し出す仕上がりとなっている。

http://www.chrysler.co.jp/pdf/jeep/20110825.pdf
http://www.jeep-japan.com/


◆プジョー、「207 スタイル」の装備充実車「207 スポーティアム」
限定300台

プジョー・シトロエン・ジャポン(プジョー)は、コンパクトモデル
「207」シリーズのエントリーグレード「207 Style(スタイル)」に、
装備を充実させた限定車「207 SPORTIUM(スポーティアム)」を設定。
限定300台で9月10日に発売する。価格は、約30万円相当の装備を追加し
ながらも、15万円高の214万円。ステアリング位置は右のみ。

「207 SPORTIUM」は、昨年プジョーブランド創業200周年記念限定車として
全国限定170台を販売し、人気を博したモデル。昨年同様、17インチアロイ
ホイールや、革巻きスポーツステアリング等、内外装ともにスポーツ感覚
溢れる数々の装備を継承している。今年は、シート表皮をファブリックと
人工皮革のコンビネーションとし、内装の質感を向上させた。加えて、
クルーズコントロール、パノラミックガラスルーフも追加されている。

http://content.peugeot.co.jp/207-sportium/
http://www.peugeot.co.jp/


posted by 自動車ニュース at 12:48 | Comment(0) | 自動車ニュース

自動車ニュース 8月23日


クルマ,車
◆スバル、新型FRスポーツの車名を「BRZ」に決定
専用Webサイトを開設。フランクフルト・ショーにて 技術コンセプトを展示

スバル(富士重工業)は8月23日、トヨタ自動車と共同開発を行ってきた
新型FRスポーツカーの名称を「SUBARU BRZ(スバル ビィ アール ゼット)」
に決定したと発表した。これまで市販車名称は発表されておらず、技術コン
セプト「BOXER Sports Car Architecture(ボクサー スポーツカー アーキ
テクチャ)」のみが公開されていた。

「BOXERエンジン」のB、「REAR WHEEL DRIVE」のR、「究極」のZの3文字を
組み合わせ、スバル車の特長である水平対向エンジンを搭載したスポーツ車
への想いを込めた。「SUBARU BRZ」は、来年春より生産を開始する。

http://www.fhi.co.jp/news/11_07_09/11_08_23.html
http://www.subaru.jp/brz/


◆アウディ、新型「A6」を発売。アッパーミディアムクラスセダン
軽量化技術を大幅に採用。アイドリングストップ、エネルギー回生を搭載

アウディ ジャパンは8月23日、アッパーミディアムクラスのセダン「A6」
をフルモデルチェンジし、発売した。価格は、2.8 FSI クワトロが610万円、
3.0 TFSI クワトロが835万円。

新型AUDI A6のモノコックボディは、軽量なアルミ素材を全体の20%以上に
使用。アルミニウムとスチールを組み合わせるハイブリッド構造により、
ボディ剛性は飛躍的に進化し、ハンドリングや衝突安全性の向上に大きく
寄与しており、車体の不快な振動が低減される為、快適性も高まっている。

エクステリアデザインは、静止状態でも俊敏さを醸し出すスポーティかつ
エレガントなもの。 そこにはフェンシングの前傾姿勢を彷彿とさせるダイ
ナミックさが表現されている。フロントのLEDポジショニングランプに加え
LEDヘッドライトをオプション設定。

エンジンは2800cc V6ガソリン直噴(FSI)と、3L V6ガソリン直噴スーパー
チャージャー(TFSI)の2種類を用意。いずれもスタート・ストップシステム
を採用し、さらに7速Sトロニックトランスミッションを組みあわせている。
また減速エネルギーを電気エネルギーへ変換、バッテリーへ還流させるエ
ネルギー回生システムを搭載。10・15モード燃費は2.8 FSI QUATTRO が
11.0km/Lで、3.0 TFSI QUATTRO が10.2km/L。

全長4930mm、全幅1875mm、全高1465mm、ホイールベース2910mm。標準で
18インチ(2.8 FSI)、19インチ(3.0 TFSI)のホイールを採用。20インチを
オプションで設定。アウディプレセンスプラス、アダプティブクルーズコ
ントロール、アウディサイドアシストを3.0 TFSI QUATTRO に標準装備
(2.8 FSI QUATTROはオプション)。ヘッドアップディスプレイ、ナイトビ
ジョンシステムをオプションで用意。40〜50代の富裕層を対象に、年販
目標1200台。

http://www.audi.co.jp/jp/brand/ja/company/news.detail.2011~08~PR-11-080.html
http://www.audi.co.jp/jp/brand/ja/models/a6/a6/equipment1.html
http://www.nikkei.com


◆トヨタ、米国で新型「カムリ」を発表
ハイブリッド車もラインアップ

トヨタは8月23日(現地時間)、米国で新型「カムリ」を発表した。カムリは
9年連続で米国乗用車ベストセラーカーになっている同社の主力車種。

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20110824_472340.html
http://www2.toyota.co.jp/jp/news/11/08/nt11_025.html


◆PSA日本法人、コンパクト5ドアハッチバック「シトロエンC3」に150台限定車

『ゼニスウィンドウ』に特別装備として、クロームドアミラーカバー、ブリ
リアントダッシュボード(ブラックまたはホワイト)、ピアノブラックセンター
コンソール、専用ミストラル(ブラック)ファブリックシート、ESP(エレクト
リックスタビリティプログラム)、シトロエンメンテナンスプログラム・ラ
イトプランを追加した「C3 AIRPLAY(エアプレイ)」を発売。価格は特別装備
に加え56700円相当のメンテナンスプランを追加、グレードアップを図りな
がら、現行のC3に対して5万円高の214万円。

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=289240
http://www.citroen.jp/news/2011/c3airplay_2011.html


◆フォルクスワーゲン、 ゴルフ ヴァリアントに「プレミアム エディション」
TSI トレンドラインと、TSI コンフォートラインの装備を充実

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは8月23日、ワゴンモデル「ゴルフ
ヴァリアント」のエントリーグレード「TSI トレンドライン」と最量販
グレード「TSI コンフォートライン」の装備を充実。それぞれ、「TSI トレ
ンドライン プレミアム エディション」「TSI コンフォートライン プレミ
アム エディション」として発売した。価格は、TSI トレンドライン プレミ
アム エディションが279万円、TSI コンフォートライン プレミアム エディ
ションが325万円。

装備品の充実に伴う価格変更は最小限に抑え、「ゴルフ ヴァリアント TSI
トレンドラインプレミアム エディション」は4万円の279万円。「同 コン
フォートライン プレミアム エディション」は、価格を据え置きの325万円。

http://www.volkswagen.co.jp/information/news/2011/20110823/
http://www.volkswagen.co.jp/premium-edition/
posted by 自動車ニュース at 11:47 | Comment(0) | 自動車ニュース

自動車ニュース 8月22日


クルマ,車
◆ダイハツ、「第3のエコカー」の価格は79万5000万円から
燃費はJC08モード30km/L、10・15モード32km/L

ダイハツ工業は8月22日、新型車の発売予告をWebサイトに掲載した。

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20110822_472041.html
http://www.daihatsu.co.jp/


◆独フォルクスワーゲン、都市向けサブコンパクト「up!」発表
2013年には電動モデルを投入

独フォルクスワーゲンは21日(現地時間)、サブコンパクトカー「up!」
を発表した。12月に欧州で発売される。up!購入のための新たなファイナン
スプログラム「オートクレジット2」が用意される。

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20110822_471872.html
http://www.volkswagen.co.jp/


◆米GM、エクステンデッド・レンジEV「キャデラックELR」の生産を正式発表
2+2シーターのクーペモデル

米ゼネラル・モータース(GM)は8月17日(現地時間)、クーペスタイル
(2+2シーター)のエクステンデッド・レンジEV(E-REV:航続距離延長付
き電気自動車)「キャデラックELR」を生産すると発表した。

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20110822_472035.html
http://www.cadillac.co.jp/


◆ホンダ、「ライフ」「フィット」「ストリーム」の特別仕様車

本田技研工業は8月22日、「ライフ」「フィット」「ストリーム」の特別
仕様車を発売した。価格はライフが118万円〜129万9000円、フィットが132
万円〜149万5600円、ストリームが203万円〜224万円。

「フィット」に、専用のブラック内装や、メーカーオプション装備として人
気の高いホンダスマートキーシステム、ETCなどを標準装備した10周年特別
仕様車『13G.10TH アニバーサリー』。

「ストリーム」のZSタイプに、人気の大型テールゲートスポイラーなどを装
備した特別仕様車『スポーティ エディション』。

「ライフ」のGタイプに、人気の上級タイプ「スマートプラス」の装備に加
え、HID、やカラードフロントグリルなどを装備し、買い得感のある価格設
定とした、G特別仕様車『HIDスマートスペシャル』。

http://www.honda.co.jp/news/2011/4110822-life.html
http://www.honda.co.jp/news/2011/4110822-fit.html
http://www.honda.co.jp/news/2011/4110822-stream.html
http://www.webcg.net/WEBCG/news/n0000024887.html
http://www.webcg.net/WEBCG/news/n0000024888.html


◆ランボルギーニ、カーボン製バッグを今秋発売
トラベル/メッセンジャー/エンベロープの3種類

伊アウトモビリ・ランボルギーニは8月19日(現地時間)、2011年秋/冬向
け「メンズ/ウィメンズコレクション」を発表した。

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20110822_471995.html
http://www.lamborghini.co.jp/release/release11/0822.html
http://www.lamborghinistore.com/en/frontend/homepage


◆レクサス、米ペブルビーチで新型「GS350」を世界初公開
ハイブリッド車と、スポーツバージョン“F SPORT”も設定

レクサス(トヨタ自動車)は8月19日(現地時間)、米国ペブルビーチ
(カリフォルニア州)で開催された「ペブルビーチ・コンクール・デレガン
ス」で、新型「GS350」(米国仕様)を世界初公開した。新型GS350は、今後
のレクサス車の方向性を象徴するクルマとして開発しており、次世代レクサ
スの先駆モデルになると言う。

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20110819_471469.html
http://www2.toyota.co.jp/jp/news/feature/20110819.html
http://lexus.jp/


◆インフィニティ、新型SUV「JX」コンセプトカーをペブルビーチで世界初披露

日産の高級車ブランド「インフィニティ」は、2012年春にデビュー予定の新
型SUV「インフィニティ JX」のコンセプトモデルを、カリフォルニアのペブ
ルビーチで開催された「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」会場にて
世界初公開する。

http://news.google.co.jp/search?q=http://autoc-one.jp/news/827109/


◆米メディア「現代アクセントは本当の国民車」。韓国

米国有力日刊紙が現代(ヒョンデ)自動車の小型セダン「アクセント」を「本
当の国民車」と絶賛した。

http://www.google.co.jp/news/search?q=http://japanese.joins.com/
http://japanese.joins.com/article/953/142953.html
http://www.chosunonline.com/news/20110820000001
posted by 自動車ニュース at 09:56 | Comment(0) | 自動車ニュース
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。